東東京イベント情報

東京の東側(足立区・葛飾区・江戸川区・江東区・墨田区・台東区)のイベント情報を掲載しています

墨田区

すみゆめ踊月夜 ~集い 巡り 語らう 踊りとうらないの夕べ~(11月5日~6日 隅田公園そよ風ひろばほか)

更新日:

2022/11/05(土)~2022/11/06(日)
会場:隅田公園そよ風ひろば ほか (墨田区向島1-3)
日時:11月5日(土)~11月6日(日) 14:00〜

***

***

隅田川沿い、隅田公園から牛嶋神社の周りを舞台に、踊りとうらないの場を開く「すみゆめ踊月夜」。多彩な歌い手や演奏家を迎え、耳馴染みある音頭からオリジナル楽曲の数々を生演奏。まるく輪になって踊ったり、懐かしの曲に地元のお祭りを想ったり、鎮魂の舞を静かに見つめたり、あなたが心のままに楽しめる時を提供します。そして夕闇迫る頃には、公園のあちらこちらに、独自のうらないを供するアーティストたちが現れます。うらないを通じ共に遊ぶ時間の中に、過去・現在・未来の自分を映し、明日の振る舞いを決める手掛かりが見出せるかも――。さまざまな人が混ざり、思い思いに時を過ごしながら、他者と接続していく2日間です。

開催概要

日時:2022年11月5日(土)14:00~20:00/11月6日(日)14:00~19:00
会場:隅田公園そよ風ひろば ほか周辺エリア(向島1丁目3)
主催:「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会、墨田区
協賛:株式会社東京鋲兼、東武鉄道株式会社
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京(KOSUGE1-16「どんどこ!巨大紙相撲~北斎すみゆめ場所」)

パンフレット(PDF)

すみゆめ踊行列

プロデュース:岸野雄一

東京藝術大学大学院映像研究科、美学校等で教鞭をとる。「ヒゲの未亡人」「ワッツタワーズ」などの音楽ユニットをはじめとした多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗る。銭湯やコンビニ、盆踊り会場でDJイベントを行うなど常に革新的な場を創出している。2015年、『正しい数の数え方』で第19回文化庁メディア芸術際エンターテインメント部門の大賞を受賞。2017年、さっぽろ雪まつり×札幌国際芸術祭2017「トット商店街」に芸術監督として参加。

出演:

ジンタらムータ/Jinta-la-Mvta
圧倒的な祝祭性・実験性など唯一無二の無国籍音楽として知られる「シカラムータ」の大熊ワタルと、新世代チンドンの旗手こぐれみわぞうを中心とする越境的チンドン楽団。今回は、和太鼓に久下惠生を迎えた8人編成で登場。

民謡クルセイダーズ
ギタリスト田中克海と民謡歌手フレディ塚本により、民謡を「民衆のための音楽」として復活させることを目的に結成。日本の伝統的な民謡を、カリブ音楽、ラテン音楽、アフリカ音楽を含む世界の音楽に触発されたアレンジで再構成して演奏。

Donuts Disco Deluxe[ANI/ロボ宙/AFRA]
スチャダラパーのANIとロボ宙、そしてAFRAで構成されるサウンドシステム。2022年初の7インチレコード「ディスコラップ」をリリース!

モノガタリ宇宙の会
2015年、初代桜川唯丸流の江州音頭講座として開講。以来、大阪への研修や講師の招へいも交えて都内での学習を進めつつ、実践の機会として関東圏でのイベント出演および企画を行ってきた。

にゃんとこ
イラストレーター・踊りコ・祝福芸 秋田万歳の万歳師。自主企画のほかイベント出演、民謡リリース監修、各地の祭り・盆踊り・民俗芸能・催し情報の発信など幅広く活動。斎藤ぽん、すーの二人組。

中西レモン
初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会世話人(2015年~)。絵を描いたり、歌を歌ったりぶらぶらしたり。

柳家小春
江戸の音曲師(三味線弾唄い)。寄席音曲師「粋曲」の柳家紫朝に入門し、江戸音曲の数々を習得、粋な芸を伝承する。様々なジャンルのアーティストとの共演やボーダーレス音楽ユニット「attc vs Koharu」、ボサノバを日本語で歌う「和ボサ」など音楽活動は多岐にわたる。

山田参助
漫画家・歌手。代表作「あれよ星屑」。日刊ゲンダイで「新やる気まんまん オット!どっこい」連載中。音楽では武村篤彦とのデュオ「泊」を中心に活動。戦前の流行歌の録音の再現を試みたCD「大土蔵録音2020」がミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門最優秀作に選出。

Likkle Mai
UBバンドDRY&HEAVYの元ヴォーカル、2005年ソロに転向。アルバム『mairation』(2009)と『DUB IS THE UNIVERSE』(2010)がミュージックマガジン・ベストディスク日本レゲエ部門第一位に輝く。ギタリストThe KとのユニットLikkle Mai & The Kの活躍は国内外に及ぶ。レゲエからロック、民謡に至るまで幅広く活動する稀有なシンガーである。

山口屋左七
1990年代半ばから幻の名盤解放同盟イベントで司会を始める。21世紀から錦糸町河内音頭の運営に関わり、2009年からは錦糸町河内音頭司会。その他、女流義太夫楽屋裏お手伝い、墨田区内の各種イベントお手伝いなど。カレーライスで言えば福神漬けのようにあってもなくてもいいけれど、あれば嬉しい存在になりたいと思っている。
山口屋左七

炎上寺ルイコ、南牧夫
錦糸町では河内音頭の盆踊りだけではなく、大阪から山中一平師匠を迎えての河内音頭教室が開かれている。今回はその生徒からイラストレーター、社会派演歌歌手としてもお馴染みの炎上寺ルイコ、木馬亭の客席にこの人あり、上州のからっ風で鍛えた喉が自慢の南牧夫の二人が登場。すみだの河内音頭、踊りだけでなく歌も存在感を増している。
炎上寺ルイコ、南牧夫

江戸消防記念会 第六区六番
墨田区の本所、向島地域を持ち場とし、木遣り、纒振り、梯子乗り等の江戸町火消し文化を保存、継承している。
江戸消防記念会 第六区六番組

お囃子・一睦囃子/獅子舞・寿獅子
牛嶋神社の祭礼や東京スカツリー・ソラマチ広場など、広範囲に活動を続けている。墨田区にとって大事な文化遺産を継承する。
お囃子・一睦囃子/獅子舞・寿獅子

パピポンズ
オリジナル曲や、様々な地域の民謡をご当地に合わせてアレンジする盆踊りのチーム。あなたの住むまち、音頭で盛り上げる!
パピポンズ

本所魁太鼓
牛嶋神社の氏子、本所一丁目の祭礼を中心に子供から大人までの太鼓で活躍している団体。
本所魁太鼓

日本ラテンアメリカ友好協会 - Groups: Mexico en la Piel - Catrinas Xochiquetzal
メキシコやボリビアには、日本におけるお盆の盆踊りと同じく、死者を偲びそして感謝し、生きる喜びを分かち合うことを目的としたお祭り=ダンスがある。死者の日(Día de Muertos : ディア・デ・ムエルトス)と言い、毎年11月1日と2日に祝われる。墨田区は過去に震災や空襲といった火の災害をうけた地区。広い視野で追悼、鎮魂の意味を込めて、グローバルな踊りを取り上げた。
ボリビアの死者追悼の踊り Bolivia dance chacarera “Dia de todos Los Santos en Bolivia”
メキシコの死者追悼の踊り Mexico dance llorona “Dia de todos los muertos en Mexico”
出演:稲見里恵(オペラ歌手・ソプラノ)、今田央(フラメンコギタリスト)
日本ラテンアメリカ友好協会 - Groups: Mexico en la Piel - Catrinas Xochiquetzal

よへほ節(山鹿灯籠踊り)
ご指導:中村静枝先生
よへほ節は熊本県山鹿市の民謡の一つ。遥か古代から受け継がれた灯籠を頭上にのせ、優雅に舞い踊る。毎年8月15日、16日に開催される「山鹿灯籠まつり」の中で、「千人灯籠踊り」は、夕闇に浮かび上がる揺らめく灯籠の光と踊り手の一体感が、見る人を幻想的な世界へと誘い込む。今年、豪雨災害に見舞われた熊本地方に向け、哀悼の意味を込めて、またコロナ禍で隅田川の灯籠流しも延期になったことから、隅田川の川辺でこのよへほ節が踊られた。
よへほ節(山鹿灯籠踊り)

タイムテーブル

2022年11月5日(土)

14:00~ スターティングアップ:踊り始めジンタらムータ with 小林太郎
14:30~ ボリビアの死者追悼の踊り日本ラテンアメリカ友好協会
15:00~ メキシコの死者追悼の踊り日本ラテンアメリカ友好協会、稲見里恵
15:30~ 本所魁太鼓(本所一丁目町会)
16:00~ お囃子・一睦囃子、獅子舞・寿獅子(小梅一丁目町会)
16:30~ 生演奏盆踊りジンタらムータwith 小林太郎、中西レモン、柳家小春、山田参助、Likkle Mai
17:20~ メガヒッツ盆踊り
17:45~ 生演奏盆踊りジンタらムータwith 小林太郎、中西レモン、山田参助、Likkle Mai
19:00~ 民謡クルセイダーズ
20:00  終演

2022年11月6日(日)

14:00~ 寺島茄子之介音頭、佐左ヱ門音頭~すみだよいとこ編~パピポンズ
14:30~ 河内音頭炎上寺ルイコ、南牧夫
15:15~ 生演奏盆踊りジンタらムータ with 久下惠生、中西レモン、柳家小春、山田参助、Likkle Mai
16:20~ 江州音頭モノガタリ宇宙の会+Donuts Disco Deluxe+にゃんとこ
17:10~ 生演奏盆踊りジンタらムータ with 久下惠生、中西レモン、山田参助、Likkle Mai
18:10~ 熊本よへほ節(中村静枝先生のご指導による)
18:30~ 木遣り 纒振り江戸消防記念会 第六区六番組
18:45  終演

*1 ジンタらムータ:こぐれみわぞう、大熊ワタル、服部夏樹、木村仁哉、イトケン、サルディ佐藤比奈子、小山理恵(11/5)、関島種彦(11/6)
*2 生演奏盆踊り:炭坑節、八木節、東京音頭、相馬盆歌、北海盆唄、ドンパン節、オバQ音頭、生きなっせ(作詞作曲:柳原陽一郎、振付:にゃんとこ)

うらないうら道

11月5日(土)16:00~20:00
11月6日(日)15:00~19:00

◎隅田公園そよ風ひろばに、居間 theaterが案内所を設けます。
「うらないうら道」に導く入口となりますので、まずはお立ち寄りください。

企画・構成:居間 theater(パフォーマンスプロジェクト)
撮影:加藤 甫

東彩織・稲継美保・宮武亜季・山崎朋の4名からなるパフォーマンスプロジェクト。音楽家や美術家、建築家、空想地図作家、研究者など分野の異なる専門家との共同制作のほか、カフェ、ホテル、区役所、待合室など既存の"場"とそこにある"ふるまい"をもとに作品創作を行う。現実にある状況とパフォーマンスやフィクションを掛け合わせることで、現実を異化させるような独特の体験型作品をつくり上げる。imatheater.com

参加アーティスト:居間 theater+荒木知佳、今和泉隆行|地理人、遠藤麻衣、しば田ゆき、たくみちゃん、福田毅

荒木知佳
俳優活動をする中、書道と身体の繋がりを模索、書道パフォーマンスを創作・披露。FUKAIPRODUCE羽衣「愛死に」、毛皮族「Gardenでは目を閉じて」に参加。2021年マルセイユ国際映画祭で杉田協士監督『春原さんのうた』で俳優賞受賞。

今和泉隆行(地理人)
空想地図作家。7歳の頃から実在しない都市の地図を描く。大学時代に47都道府県300都市を回り全国の土地勘をつけ、地図を通じた人の営みを読み解き、新たな都市の見方、伝え方作りを実践中。東京都現代美術館「ひろがる地図」ほか出展。

遠藤麻衣
俳優・美術家。身体を通じたおしゃべりやDIY、演技といった遊戯的な手法を用いる。民話や伝説、ティーン向け漫画やファンフィクション、婚姻制度や表現規制に関する法律など幅広い調査に基づき、クィア・フェミニスト的な実践を展開。

しば田ゆき
バリスタ、「オトナリ珈琲」代表。コーヒーにまつわる人のインタビュー等を掲載するWEB「オトナリ珈琲」、神保町の実店舗運営を行う。コーヒーを媒体としたワークショップやイベントのほか、「あの時の珈琲展」「Ttime-味をとる」など。

たくみちゃん
パフォーミングアーツ・美術・演劇など領域横断的に活動し、2018年より自身が審査員を務め優勝を決めるコンペティション「たくみちゃん杯」を主催する。メソッドを交換可能なものにする試みとして、近年はワークショップにも注力する。

福田毅
俳優。現代演劇カンパニー中野成樹+フランケンズのメンバー。2009年よりソロ・パフォーマンスを開始。虚実ないまぜの独特の語り口で、国内外の様々な場所(カフェ、ギャラリー、公園、劇場ロビー、都電車内etc)にて作品を上演。

会場マップ

アクセス

主催者サイト・関連サイト

Webサイト: https://sumiyume.jp/event/odori2022/

-墨田区

Translate »

Copyright© 東東京イベント情報 , 2022 All Rights Reserved.