東*東京イベント情報

東京の東側(足立区・葛飾区・江戸川区・江東区・墨田区・台東区)のイベント情報を掲載しています

足立区

『子どもたちの光るこえ』1万部記念 著者と編集者のスペシャルトークショー

投稿日:

2019/12/07(土)
会場:タピ・ルージュ (足立区千住1-4-1 東京芸術センター20F)
日時:12月7日(土) 11:00〜15:30

***

センジュ出版の3冊目の書籍『子どもたちの光るこえ』(香葉村真由美著)。
この本には、当時福岡の小学校で教師を務めていた一人の女性が実際に教室で体験した、
子どもたちの健気で、切なくて、愛おしい実話が記されています。

子どもの心の奥に潜む、本当の「こえ」を聞くと、
それはそれは泣けてきます。
混じりっけなく、噓いつわりなく、まっすぐに、ただただ
「愛されたい」
とのこえが聞こえてくるからです。

学校一の問題児と言われた男の子の涙、
声を出せなくなった孫娘をかばったおばあちゃん、
卒業後みずからいのちを絶った女の子が遺したメッセージ、
家族から暴力を振るわれた男の子のついたウソ、
交通事故でお父さんを亡くした男の子の願い。

生徒から「先生のクラスの生徒でよかった」と言われ、
教師から「先生のクラスの生徒になりたい」と言われる
名物先生の初書籍は、
発売から2年経ってもまだまだ多くの方の手に届き、
この度5刷をもって、発行部数が1万部に到達しました。

センジュ出版の一つの目標であった発行1万部。
書店さんからの注文を頂いてはじめて本をお送りしているセンジュ出版。
逆にセンジュ出版やセンジュ出版の本を知らない書店さんには、センジュ出版の本は置かれていません。

なのにこの本がほぼ返品もなくこの部数にたどりつけたことは、
本当に奇跡のようで、とても幸せなことです。

12月7日、真由美さんと私とで、二人のお話会を開きます。
この本がどうやって生まれていったのか、
その最中にそれぞれに起きていたこと、
そして、本が生まれた後に起きた出来事。

実はこの本は、本の中の物語とは別に、
出版されることで生まれた物語がありました。

そんなお話を、二人でゆっくり、皆さんにお伝えできたらと思います。

美味しいコース料理つきの3時間。
会場では特別サイン会も開催しますので、
本をお読みの方もまだの方も、
ぜひお誘い合わせの上、お越しください。

日時 2019.12.7(土)受付10:40〜 開始11:00〜終了14:00(その後サイン会あり)

会費 中学生以上 12,000円(飲み放題込みフレンチコース料理含む)
小学生 5000円(フレンチミニコース)
未就学児 2000円(キッズプレート)

場所 東京都足立区千住1丁目4−1 東京芸術センター20階

2時間程度のフレンチコース料理を堪能しながら、著者&編集者トークショー

60名様限定のため、お早めにお申し込みください。

お申し込み:https://senju-pub.wixsite.com/kinenparty1207
問い合わせ先:センジュ出版(TEL:03-6337-3926 mail:info@senju-pub.com)

 


イベント詳細
https://www.facebook.com/events/409829896401338/

-足立区

Copyright© 東*東京イベント情報 , 2020 All Rights Reserved.