東*東京イベント情報

東京の東側(足立区・葛飾区・江戸川区・荒川区・台東区・墨田区・江東区)のイベント情報を掲載しています

足立区

【中止】千住でつづく#02 地域を耕す

更新日:

2019/10/14(月)
会場:柳原稲荷神社 神社会館 (足立区柳原2-38-1)
日時:10月14日(月) 15:30-18:00

***

14日(月・祝)に予定していたイベント「千住でつづく #02 地域を耕す」と「空き家利活用相談会」は台風19号による影響を考慮して中止とすることになりました。

空き家活用のヒントを学ぶトークイベント「千住でつづく」シリーズ。第二回目は「地域を耕やす」というテーマのもと、千葉県松戸を中心に“自給自足できる街をつくろう”をテーマに掲げるomusubi不動産の代表の殿塚さんと、東京都墨田区京島を中心に活動され、「爬虫類館分館」を運営し、様々なひとや地域とのつながりを生み出している京島長屋文化連絡会の後藤さんをお呼びします。
当日は、松戸と京島の地域における活動や、手掛けてきた空き家利活用の拠点など、様々なお話が聞けます!どなたでもお気軽にどうぞ。

2019年10月14日(月曜日・祝日) 15:30-18:00
集合場所:柳原稲荷神社 神社会館(足立区柳原2-38-1)
参加費:無料
定員:50組(先着順)

▶︎応募フォーム
https://forms.gle/nqHtzLS3d5jyh44h6

ゲスト
[ 殿塚建吾 ]
「omusubi不動産代表/宅地建物取引士/1984年生/千葉県松戸市出身/中古マンションのリノベ会社、企業のCSRプランナーを経て、房総半島の古民家カフェ「ブラウンズフィールド」に居候し、自然な暮らしを学ぶ。震災後、地元・松戸に戻り、オーナーがセルフビルドした「自給ハウス」にて部屋のDIYをしながら生活する。
2011年、松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」に参画し不動産事業の立ち上げをする。2014年4月に独立、おこめをつくる不動産屋「omusubi不動産」を設立。DIY可能物件を扱いながら、市川市初のシェアアトリエ「123ビルヂング」や二世帯住宅をものづくりスペースに変えた「8lab」、築60年の社宅をリノベーションした「せんぱく工舎」など多くのシェアアトリエを運営。空き家をつかったまちづくりと田んぼをきっかけにした入居者との暮らしづくりに取り組んでいる。

[ 後藤大輝 ]
暇と梅爺株式会社 代表取締役。 
伊吹山麓、茶商の孫。日本映画学校(現日本映画大学)演出専攻卒。
映画、建築、催事をはじめ文化芸術に関わる様々なプロジェクトの企画制作に従事。
2010年より墨田区京島にて「爬虫類館分館(BUNKAN)」を開始。
京島長屋文化連絡会会長。京島まちづくり協議会委員。
東京都認定空き家コーディネーター。


イベント詳細
https://www.facebook.com/events/484604358787454/

-足立区

Copyright© 東*東京イベント情報 , 2019 All Rights Reserved.