東東京イベント情報

東京の東側(足立区・葛飾区・江戸川区・江東区・墨田区・台東区)のイベント情報を掲載しています

足立区

多国籍美術展「わたしたちはみえている - 日本に暮らす海外ルーツの人びと - 」

投稿日:

2021/12/11(土)~2021/12/26(日)
会場:北千住 BUoY (足立区千住仲町 49-11) 、仲町の家(足立区千住仲町 29-1)
日時:12月11日(土)~12月26日(日) 13:00〜19:00

***

東京で開催されたオリンピック・パラリンピック終了後も、COVID-19 に行動を限定される生活が続いています。同様に、国内に 280 万人以上存在する在留外国人の生活にも、私たち以上に大きな負荷がかかっています。オリンピックは彼ら/彼女らの生活に想いを馳せる機会にはなりませんでした。しかし、私たちが彼らを想うイマジネーションが失われたわけではありません。この時代にこそ彼らに関心を向けること、そして彼らからの発信を紹介することが、イミグレーション・ミュージアム・東京(IMM 東京)にできることだと思います。
IMM 東京は昨年 2020 年に活動 10 周年を迎え 「美術館 ・わたしたちはみえている ― 日本に暮らす海外ルーツの人びと」という展覧会を開催予定でしたが、結果的にオンライン公開になりました。本展は昨年度の内容に追考と編集を進めた、満を持しての実地開催での展覧会となります。

開催概要

イミグレーション・ミュージアム・東京
多国籍美術展
「わたしたちはみえている - 日本に暮らす海外ルーツの人びと - 」
[会期]2021年12月11日(土)-26日(日)13時~19時
[会場]北千住 BUoY (足立区千住仲町 49-11) 、仲町の家(足立区千住仲町 29-1)
北千住 BUoY:火曜休み、仲町の家:火~木曜休み
[入場料]無料

プログラム

ホスト&ゲストアーティストによる「作品展」

現代日本における「移住と移民・多文化社会」をアーティストたちはどのように見つめ、作品を制作しているのでしょうか。IMM東京主宰の岩井成昭が、岩根愛、高山明、李晶玉の3名のゲストアーティストを招き、それらのアプローチを紐解きます。

参加アーティスト
高山 明
岩根 愛
李 晶玉
岩井 成昭

海外ルーツを持つ表現者たちによる「公募展」

2020 年度、国内に暮らす海外ルーツを持つ人びとの作品をプロ・アマ問わず公募し、約 100 点以上の作品が集まりました。そのなかから、手の込ん だ手芸品や、普段の暮らしを映したスナップ写真、自国文化と日本文化を 混ぜ合わせた芸術表現など、日常の感性や思考が垣間見える約 30 点の作品 を展示します。

公募展出展者
Ea Tulin ライル・ニセンホルツ 長江春子/胡春平 リー正敏 Golmaryam Masood ansari Laura Kauppinenova Cedric Rolando - Neoyume ユサン・フィン Tianqi Fu INHO

多文化社会に取り組む団体の「活動紹介展」

国内には多文化社会の在りようを探るさまざまな団体が活動しています。なかには文化芸術を積極的に取り込む事例もあり、いまもなお実践を重ねながら、それぞれの願う風景を現代社会に映し出そうと活動をされている団体を紹介します。
空間デザイン:L PACK.

市民リサーチャー「IMM ねいばーず」

「イミグレーション・ミュージアム・東京」では、本企画を一緒につくりあげる市民メンバー「IMM ねいばーず」を公募し、2019年10月から多文化社会や国際関係に関心のある学生や社会人の方、アーティスト活動をしている留学生の方など、多様な背景を持った多世代なメンバーと定例の打合せや、レクチャー、フィールドワークを実施しながら多文化社会について考えてきました。毎月1回の定例ミーティングを開催し、そうした彼/彼女たちの日々の活動報告を行いながら、本展覧会を横断する活動を展開しています。

イベント

多文化社会とオリンピック

日時:2021年12月11日(土)19:00~21:00(開場18:30)
会場:東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
ゲストアーティスト:岩根愛、高山明、李晶玉
モデレーター:岩井成昭(IMM東京主宰)
定員:60名(事前申込優先) ※当日も余裕があれば参加可能

アート×SDGsの可能性 -アートは社会になにをなげかける?-

日時:2021年12月19日(日)19:00~21:00(18:30開場)
会場:東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
ゲストスピーカー:近藤やよい(足立区長)、日比野克彦(アーティスト、東京藝術大学美術学部長)
コメンテータ―(オンライン):岩井成昭(美術家、IMM東京主宰)
モデレーター:熊倉純子(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授)
定員:60名(事前申込優先) ※当日も余裕があれば参加可能

写真で観る内なる国際化?!
─名越啓介スライドトーク『Familia 保見団地』─

日時:2021年12月25日(土)19:00〜20:30(18:30開場)
会場:東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
ゲスト:名越啓介(写真家)、岩井成昭(IMM東京主宰)
モデレーター:熊倉純子(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授)
定員:60名(事前申込優先) ※当日も余裕があれば参加可能

各回お申し込み方法

[WEBフォーム] https://aaa-senju.com/contact
[お電話] 03-6806-1740(13:00~18:00、火曜・木曜除く)
[メール] info@aaa-senju.com
件名にご希望のイベントタイトルをご記入いただき、代表者氏名(ふりがな)、参加人数、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)をお伝えください。


イベント詳細
https://immigration-museum-tokyo.com/

-足立区

Translate »

Copyright© 東東京イベント情報 , 2022 All Rights Reserved.